アルバイトで始める浅草生活

image浅草のアルバイトでフリーターとして働く魅力について

近年の傾向としては、浅草にて普通の日本人である場合ならば、高校や大学などの教育機関を修了した後は、会社に正社員として入社します。自分の親が自営業を営んでいれば、跡を継ぐという意味で親が商売しているお店で働くことになります。社会人になって1年目で自分の会社を起業するという方も中にはいますが、ごく少数の日本人です。これらの進路を辿ることができなかったものは、アルバイトという選択肢をとることになります。そして、正社員として勤めるつもりがなく、アルバイトを転々と繰り返して生活をしている人のことはフリーターと命名されています。

フリーターは、就職していない15歳くらいから34歳くらいまでの若者に対してこの呼び方をする傾向があります。

image

社会人1年目で就職を失敗した、または入社したけど退職してしまった人がしかたなくこの道を選んだりします。一般的な立場としてはあまり大きな存在ではありませんが、フリーターならではの魅力が多く備わっています。

フリーターは仕事の掛け持ちが自由にできます。正社員のように、他社で勤めることは駄目というルールはありません。二つ三つ掛け持ちでアルバイトを行っているなら、一つの会社が倒産したとしても慌てなくてもいいです。別のアルバイトで生計を維持することができます。

アルバイトの種類によっては、労働期間を明確にしている場合があります。フリーターは、その雇用期間に則った生活スタイルをおくることができます。海外に1ヶ月くらい旅行に行きたいと思えば、短期のアルバイトで集中的にお金を稼ぐことだって可能となります。

フリーターという働き方の就労形態は自由です。正社員として会社に尽くすという義務は発生しません。短期間で一つの会社を辞めてしまっても、別の仕事を直ぐに見つけ出すことができます。

フリーターはストレスが溜まらず生きていけます。精神的にも肉体的にもリラックスした毎日を過ごすことができます。仕事や日常の生活に無理がないのです。フリーターは、長いスパンでみれば金銭的にロスしているのかもしれません。とはいえ、そのロス分を補填するだけの自由を手に入れられるのです。

imageブログパーツ

imageブログパーツ